「マニキュア塗ってるんだけど・・クリアネイルショットを使うのに影響あるの?」

爪がコンプレックスで、それを隠すようにマニュキュアを塗っている人もいるかと思います。

では、クリアネイルショットを塗るときに、マニュキュアをした状態でも大丈夫なのでしょうか?

クリアネイルショットをより効果的にするためにはマニキュアはNG

結論を言うと、クリアネイルショットを塗るときは、マニュキュアを剥がす必要があります。

その理由を説明していきます。

マニュキュアをしていると充分に浸透しない

クリアネイルショットは、浸透力特化型ジェルタイプなため、硬くて厚くなってしまった爪にもスピーディに浸透させ、美しく健康的な爪を保ちます。

ジェルタイプであるからこそ、液体のように重要な成分が流れていってしまうこともありません。

クリアネイルショットは、こんなふうに、本来何かが入り込むのが難しい爪の性質にアプローチが可能になったことによって、爪をきれいに直していくケア商品なんですね。

しかし、マニュキュアのように爪の表面になにか塗っていては、その浸透力が活かされず、爪の内部までクリアネイルショットの成分が届かなくなってしまうのです。

クリアネイルショットには、シトロネラールやαテルピネオールなど、爪の悩みにはたらきかける有効成分ばかり入っています。

でも、それが届かなければなんの意味もありません。

だから、クリアネイルショットを使うときは、マニュキュアを剥がしてから使ったほうがより効果を発揮することができるのです。

マニュキュアを剥がすのは手間かもしれませんが、少しの手間で、大きな効果が得られるなら、剥がしたほうがいいです。

それに、クリアネイルショットで、健康的できれいな爪を取り戻せば、マニュキュアでガサついた爪や変色爪を隠す必要もなくなりますよね?

まずは、本来のきれいな爪をクリアネイルショットを使って取り戻して、そして隠すためのマニュキュアではなく、おしゃれのためのマニュキュアをしていければいいですね!

ちなみに、クリアネイルショットの使い方は、とっても簡単で、1日1回、入浴後の清潔な状態の爪とその周りに塗るだけ。

誰にもバレずに、自宅でケアできるので、ひっそりと直したい人にはとってもおすすめのケア商品です。

⇒クリアネイルショットを返金保証付きで試してみたい方はこちら

クリアネイルショットの全口コミを見る