にごり爪は治りにくい

水虫が治ったという人は良く聞きますが、にごり爪が完治したという人はなかなか聞きません。

10年単位で悩んでいる人も多いのではないかと思います。

 

ではどうして爪水虫は治りにくいのでしょうか?

にごり爪が治りにくい理由

爪というのは硬いたんぱく質で作られています。

その爪に隠れた部分の水虫菌が繁殖して発生するのがにごり爪なのです。

硬い爪の内部に菌がいるので、水虫用の薬がなかなか浸透しないんですね。

薬局や病院で処方される水虫用の薬の成分が非常に良い成分でも、浸透して患部(水虫菌)まで届かなくては意味がありません。

いくら塗っても表面を撫でているだけということです。

つまり、水虫菌まで塗り薬の成分が届いていないというのが、にごり爪が治りにくい理由だったんです。

にごり爪対策にクリアネイルショット

この水虫菌までに成分が浸透しないという問題を解決したのがクリアネイルショットです。

液をジェル状にしたことによって、垂れてしまわずに爪の内部に浸透するようにつくられています。

クリアネイルショットで多くの人がにごり爪を克服したというのにはこういった理由があったというわけです。

今まで何をしてもにごり爪が治らなかったという人はクリアネイルショットを試してみる価値はあるのではないでしょうか?

クリアネイルショットの最安値は?